2015年10月31日

紗綾形

DSCN1069.JPG
DSCN1071.JPG



こちらの本を参考に 晒を切って作ってみました。

本の模様刺しの最初の作品です。
布:宝梅晒(第一期刺し子ブーム時に購入)布幅35x長さ76cm(指定の「晒の幅x2+約6cm)
糸:ダルマ刺し子糸 細 16

不安だった晒の縫い心地は それほど問題はありませんでした。
オリムパスの印刷済みより ちょっと目が詰まっているけど。
周りは指定通り 切り口だけ縫って、耳は縫い込んでありません。洗ってアイロンをかけたけど、特に耳がピラピラするとか無いので これでいいみたい。

印付けは カリスマペンシルのピンクで1cm方眼を書き、グリーンと黒で指定の模様を描きました。
何カ所か引き間違いがあり、2本線で「ここは間違い」 ◎で「ここは正しい」と書き込んだけど 少し水につけておいたら 全部消えました。
ピンクが一番薄いので 最初の方眼はピンクで書いて正解だったかも。
ただ、ピンクの方眼の上に グリーンと黒とでは違いが見にくいので 他の色で・・と思ったけど、極端に見え方の違う色は出ていないようですね。(後は黄色と青)

晒の幅が35cmだったのですが、オリムパスと比べると一回り大きくなりました。
ちょうど、周りの額縁線のあたりまでが オリムパスの印刷済み刺し子布の大きさです。

模様の交差している部分は重ねるのが指定でしたが 私の針目で合わせるのはちょっと大変だった・・
1cmマスに何目が合っていれば そのままの運針で大丈夫なんでしょうが。

縫い始め、終わりは返し縫いの指定でしたが、「1cm位離して・・」をやったので 濃い色の糸だったので透けて見える。やっぱり、返し縫いがいいかも・・

目標のカゴに入れてみた
DSCN1073.JPG
んん~、まだまだ。
(矢羽根とウサギはカバーとして使用中)

ラベル:刺し子
posted by yumin at 14:19| Comment(4) | 完成 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。