2014年08月06日

ロールペーパーホルダーでレース糸立て

次に編んでいる ビーズ入りドイリーは 迷子になったり、英文解読に難航したり なかなか進みません。
やっぱり 日本式編み図がわかりやすいわ~。

レース糸を使うとき、周りから使いますか?内側の厚紙を取り出して、内側から使いますか?
フェリシモなどは「内側から」となっているけど グチャグチャになって、使い切ればいいけど、残ってしまったりすると 見るも無残な姿。
私は外側から使っているのですが、縦置きにして使うと 上から糸を引き撚りがかかり絡まる。内側から使っても絡まるよね~。
横置きなら・・・これって、パッチワークの時使う縫い糸もそうだけど、横置きの方が好き。ただ、縫い糸は適当な長さで切るから 撚りはそれほど気にならないけど。
で、探してみたけど 良さそうなのが無い。自作は・・ちょっと、面倒。
いろいろ考えて、ふと思いついたのが「トイレットペーパー・ホルダーは?」。なんだったら 普通のを買って、箱にビス留めすれば 動かないんじゃ無い?と。
で、Amazonで見たら ペット用(?)のこんなのがありました!


こんなも


お家型の方が入れるペーパーを選ばないので便利そうだけど。
とりあえず両方買ってみました(笑)・・・だって、上の合わせ買い商品だったし~と言い訳 まっ、結局は両方買って正解?
まずは 今使っているカゴに入る 上の方を入れてみた。

1321051008.JPG
ピッタリと言うか ギチギチと言うか・・・

レース糸よりトイレットペーパーの方が幅が広いらしく、そのままでははまらなかったので、ちょうど無くなりかけのアルミホイルの芯を切って入れてみたら ピッタリ!
(お家型は端から端まで芯があるので たぶんこんな調整はいらないと思うが なにせ、カゴに入らなかったのでしょうが無い)

1321051006.JPG
さて、これで 上手に糸が引き出せるでしょうか。

posted by yumin at 11:59| Comment(4) | 道具に走る | 更新情報をチェックする

2014年07月03日

ビーズスピナー

ビーズがま口で参考になるサイトを探して、いろいろ検索しているうちに こんな道具を発見!
1321050988.JPG
売っているお店は サン・びーどる。浅草橋ですね。
今までは DBの小箱にビッグアイニードルをザクザクと突っ込み 針に入ったビーズを拾っていました。
これは もっと効率がいいかも!と思い さっそく購入。
電動式も魅力的だったけど お値段もちょっと高いし、木製の方が見た目がいいわ~と 私は木製の大きい方を注文。注文日に発送され、翌日には届きました。
さっそく、今朝、使ってみました。
1321050989.JPG
DB 20gを1箱入れるとこの位。
曲がった針を突っ込んで拾うと 結構、簡単にたくさん拾えます。


使い方のYou Tubeを見れば わかるくらいの簡単な作り。

1321050990.JPG
ビーズの量が少なくなってくると拾いにくくなるので 端に寄せて少し高さを出せば また、拾えます。
いよいよ拾えなくなったら ビーズトレイに出して 一つ一つ拾います。

専用針の穴は小さいので パッチのキルティング用の糸とレース糸をつなぎ合わせて使いました。

朝鶴に売っているかしら?と見に行って 違うものを発見!
1321050992.JPG
これ、「手づくりタウン ニュース」の2004春号に出ていて ちょっと気になったけど お値段がね~
1321050993.JPG
朝鶴では 傷があるとかでちょっと安くなっていたので エィ!とこれも購入。
んん~、コーン巻きなら便利かも~。オリムパスの金票40番では やっぱり引っかかる。金票は斜めに引っかければ回るけど、それならいつも使っているこれで充分。
1321050991.JPG
ちなみに、ここに今、入れてあるのはセベリアの20番(ただ今制作中)、セベリアって金票と巻き方が違うので この状態でも引っかからずに使えます。
セベリア、いいな~。同じ50gでも巻きが小さいし、保管しやすい。
Sew&Soなら 越前屋の半額ぐらい!
買わないよ、買わない・・・ようにしなきゃ(笑)


ラベル:ビーズがま口
posted by yumin at 22:31| Comment(10) | 道具に走る | 更新情報をチェックする

2014年05月07日

レース編み、カゴバックにかぎ針

編み散らかし、刺し散らかしは続く。
でも、Kちゃん企画で レース編みコースター1枚だけ完成。直径11cmぐらい。

1321050906.JPG
形はあれですが 一応出来上がった。
糸はたぶんエミーグランデ。私が編めたから40番では無い。
パターンはコットンタイムの付録の「はじめてのハンドメイド BOOK」から。
いつのコットンタイムか覚えていないけど、この時期、初めてシリーズを薄い本にして挟み込んであった。
仕上げは 出来上がりサイズを紙に書いて まち針で止めてスチームを当てた。
使いかけレース糸で ビニールもはがしてあったから 汚れていたみたいで、ちょっと編み上がりのあちこちが汚い。気力があれば漂白するけど、コースターで使ったら どうせ汚れるから、これは、これで良しとする。

こちらは編みかけ
1321050908.JPG

やさしく編める 夏を楽しむ!かごトートと帽子

P33 ワンハンドルバッグ
2色使いのミニバッグ・・・と思っていたら なんかでかい!
底のサイズは見本通りなんだけど・・・
画像の色がちょっと変だけど、ZAKKAストアーズのアミアン

色はCOL.25 ネイプルイエローとCOL.28 バーントアンバー
見本ではバーントアンバーの所がグレーで 糸はエコアンダリヤだった。グレーが欲しかったけど アミアンには無かった。この糸が編んでみたかったから 変更。

さて、道具。
1321050910.JPG
かぎ針はいろいろ取りそろえております(笑)
上のはハマナカの「ラクラク」


かぎ針とレース針を持っています。
グリップが金属そのままじゃないのが クロバーの「ペンーE」だったとき、使いこなせなく 他を探したら、当時はこれだけだったような。でも、結構気に入っています。指がちゃんと決まった位置に当たる。
ただ、両側にかぎ針が付いているので しょっちゅう違う方で編んでしまう・・・
重いとの話もあったので 次々にでた 柔らかグリップを試す。

下の左はチューリップのレース針 シュクル

↑こちらはケースだけでした。
セット売りは

なんとも開け閉めしにくいケース入り。

真ん中の細いのは チューリップのエティモ レース針。色はブルーじゃ無くて、ブルーグレーって感じ

お試しで(すでに「ラクラク」をセットで持っていたので)0号と2号のみ購入。細っ!
どうなんだろう、いいのか、悪いのか・・・
私は細くて持ちにくいような気がする。

右下はクロバー アミュレのかぎ針

編みやすいと思うけど アンダリヤは「ラクラク」の方が編みやすい気がする。

技術を道具で補おうとしているけど、限界も感じる(笑)
後は、練習のみ、持続力のみか?
作品が出来上がらないと ネットショップをうろつき、道具、本、材料を買い込み、不良在庫。
何年経っても変わらない性格だー。最近は少し自重しているけど・・・
posted by yumin at 12:41| Comment(4) | 道具に走る | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。