2015年11月12日

網文

網目、網文とか呼ばれる模様
DSCN1084.JPG
DSCN1085.JPG

晒 文規格 白生地 堺の和晒
  33x74cmでカットして貰い、Kちゃんと半分こ。
糸 オリムパス 刺し子糸 色番74(段染め)

前に段染めを使ったときは カセを切って そこから続きそうな色を引っ張り出して使っていましたが、今回はカセを巻き、そこから必要な長さを切った。この方が色が続くと思ったのに、途中で「毎回長さを確認して切るのは面倒」と思って、必要な長さを必要本数切って使った。つまり、最初からカットして使ったのと変わらない使い方。なのに、前回の方が色が続いて、今回は結局、どれがどれの続きかわからず、適当に出しながら使ったら 同じ色が続いて・・・意味ない労力(カセからの巻き)でしたー

DSCN1082.JPG
図案はこのように描きました。
まず、2cmの方眼を書いて、サークルプレートの4cmを使って。
大きすぎた・・・でも、あっという間に出来上がったけど~


ペンはフリクションカラーズ

たまたま行った百均で見つけて買ったから100円。でも、ネットでは100円以下・・・謎(笑)

相変わらず間違えたところは アイロンの先で消して(消えていないけど-)
縫っている間は全く消えず、縫い終わってからアイロンをかけ、洗ったら あらまっ何も残っていない。
フリクションペンは -20度ぐらいで復元するらしいが、当地では-20度には決してならないのでOKでしょう。
フリクションのボールペンと違い、ペン先が太いのではっきりした線が描ける。描きやすかった!
暫く、これで図案書きをやってみようと思う。
・・・yuminさんのこと、全色とは言わないけど、何色か買い足した。ユザ○ヤはネットより高かったけど、100均よりは安かったわ~(百均には要注意 笑)


ラベル:刺し子
posted by yumin at 21:06| Comment(4) | 完成 | 更新情報をチェックする

2015年11月07日

重ね十字つなぎ

花ふきん教室の2作目
DSCN1078.JPG
DSCN1079.JPG



布:宝梅晒 布幅35x長さ76cm(指定の「晒の幅x2+約6cm)
糸:ダルマ刺し子糸 細 ヌーミーズ 色番号は袋を捨ててしまってわからない・・17かな?

相変わらず図案書きで苦戦。
人様には「紙に書いてから布に書くと 動きがわかるから~」とか言っているくせに 自分にいきなり晒に書き始める。で 間違える トホホ
今回はカリスマシャーペンで 方眼はピンク、図案は黒で描いてみた。
水につけていた時間が短かったせいか、ピンクは消えたけど、黒は間違えたところがうっすら残った(縫ったところは気にならないから、図案書きを間違えなければ問題ない)
カリスマシャーペンの説明によると アイロンで消えなくなるらしいから要注意。
既にアイロンをかけてから気付いたので、クロバーの消しペン(水性チャコペン用)で消して見たら、薄くなったような気もするけど・・・
古いシャーペンに付いている消しゴムは なんだか消えないし、むしろぐちゃぐちゃになるだけ。
カリスマスティック消しゴムを使ってみるかな~
カリスマシャーペンの別の色を買ってみたんだけど、デザインが変わっていた。
シャーペンに付いている色がわかるリング、今まで持っていたグリーンと 新しいブルーと違いがわからない。デザインが変わったおかげで 間違えることはなさそうだけど。
布に書いてみて ブルーとグリーンとどれだけ色が違うのかね。紙に書いてみるとグリーンの方が濃いわ。どっちも「青っぽい」としか見えない大人眼~(笑)

前回のもそうだけど、本では四隅に房を付けるように、作り方の説明もあるけど 私は付けていません。
自分の針目で刺せる「模様刺し」はストレスが少ない。重なる手前で調整するだけでいいから。
ただ、あまりにも針目が細かい気がする・・・もっと、大きめにした方がおおらかさが出るのかも~。
人間がチマッと出来ているので どうしても針目もチマッとなってしまう
針目は人柄がでるか?(笑)

ラベル:刺し子
posted by yumin at 11:50| Comment(6) | 完成 | 更新情報をチェックする

2015年11月04日

霰亀甲(あられきっこう)オリムパス

DSCN1076.JPG
DSCN1077.JPG

布:オリムパス印刷済み刺し子布 H-1013
糸:ダルマ刺し子糸 細 12

2度と刺したいとは思わない模様・・いや、縫い方でした。
縫い方が書いていなかったので「こうかな?」って思って縫ったのが間違い。
模様の間を通すところが 縦、斜め、斜めと3回も。その上、既に縫ってあるところの間を通さなければならない。
後で本を見たら縫い順が違った・・それが敗因かな? 縫い順って大切!

教訓! 縫い方が書いていないときは 手持ちの本を総動員して調べること!

洗ってみると、間を通した糸がゆがんだりしている。それが透けて見える~
高度な技術が必要な糸引きの具合・・・
で、出来てみると 苦労した割には「ふぅ~ん」と言う出来上がり。
模様の間を通すのは 一目刺しの「角亀甲つなぎ」で刺したけど、こちらは距離が短いし、縫ったところを通るわけでは無いので めんどくさかったけど、それほど嫌では無かった。
間を通す模様の時は 要注意!
ラベル:刺し子
posted by yumin at 11:29| Comment(4) | 完成 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。